キレイモ 新潟

 

 

股関節内側の性器周辺のIラインゾーンは、アンダーヘアを自分で処理するには中々難しいところです。
しかも、粘膜に近いとてもデリケートな部分なので、自己処理の際には傷つけないよう注意が必要です。
なので、自分勝手な思い込みで自己処理をしていると、思いがけないトラブルになってしまうこともあります。

 

IラインゾーンのNGお手入れ

 

自分でするアンダーヘアの処理にはさまざまな方法がありますが、お手軽で早いことから毛抜きやワックスで毛を抜く人が多いのではないかと思います。
実は、この「抜く」方法こそがトラブルを招きやすいんです。

 

なぜなら、アンダーヘアの毛は、産毛と違って太い毛になります。
軟毛か剛毛でいえば剛毛になります。
この太い毛を抜くことで毛細血管を傷つけ、出血や炎症(毛嚢炎)のもとになりやすいのです。
また、処理後に埋没毛になりやすいのも問題のひとつです。
毛が皮膚のなかに入り込みブツブツになってしまう可能性があります。
かといって、カミソリを使うと、処理しにくい場所だけに、切ってしまったりする不安がありますよね。
カミソリでの処理自体も、お肌の角質層を傷つけて、色素沈着などを起こすこともありますので、万全とは言えません。

 

「じゃあどうすればいいの?」となるかと思いますが、デリケートゾーンを自己処理する場合は、電気シェーバーなどがおすすめです。
また、毛をやわらかくする、アフターケアをしっかりするなど、適切に処理してください。

 

「自己処理は不安だ」「自身がない」という人は、専門の脱毛サロンなどがおすすめです。

 

私は自己処理自体を手間と思ってしまうので、キレイモ 新潟店で脱毛です(^^;

 

キレイに仕上がってとてもいいですよ(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪