キレイモ 新潟

顔や手の指など、ちょっとした場所の脱毛に、毛抜きを使っていませんか?
ほとんどの女性が持っているであろう毛抜きは、確かに気になる部分をささっとケアするのにぴったりの脱毛方法ですよね。

 

正直、私もキレイモ 新潟店で脱毛を始めるまでは必須アイテムでした。

 

しかし、毛抜きでムダ毛を処理することが、いろいろな脱毛方法の中で一番最悪なんです・・・

 

私もキレイモ 新潟店に通うまで知らなかった毛抜きの事実をお教えします。

 

毛を抜く時に起きていること

 

まずは、毛抜きで脱毛すると、お肌ではどんなことが起きのでしょうか。

 

毛を抜くと、毛穴やその周りの皮膚が傷んだ状態になります。
これは怪我をしているのと同じことで、皮膚はこれを治すために傷口(毛穴)に膜を張ります。

 

こうなると次に生えてきた毛が外に出てこれず、毛穴の中で丸まったり、黒いブツブツに見えてしまうのです。
埋没毛・・・というやつですね・・・
埋没毛ぐらいなら針で穴を開ければ・・・的な感じですが、最悪の場合、細菌感染を起こして毛膿炎という炎症を起こすこともあります。

 

さらに、傷ついた毛穴に紫外線が当たると色素沈着の原因にもなります。
ムダ毛のない肌でも、くすみや黒ずみがあっては台無しですよね。
他にも、むりやり毛を抜くことで毛根が傷つき、一つの毛穴から何本も毛が生えてしまうケースもあるそうです。

 

毛抜きでの脱毛は簡単で手軽な分、実はさまざまな危険性があるんです。

 

正しい毛抜きの仕方

 

そういったデメリットはわかっていても、顔や手指などの部分的な脱毛に、毛抜きはとても便利です。
ムダ毛の自己処理にはかかせません。

 

正しい使い方、脱毛方法を知ることで、お肌のトラブルを未然に防ぐことが大切です。
毛抜きで脱毛する場合のポイントは以下の通りになります。

 

@毛穴を開いて、なるべく負担をかけずに抜く

 

入浴時など、肌が温まり毛穴が開いている時に脱毛すると、お肌が傷付きにくくなるので良いです。
また、蒸しタオル等でで温めるのも毛穴が開いてくれるのでおススメです。

 

A生えている方向に抜く

 

毛が生えている方向に抜くと良いです。
きれいに抜けないと見た目が悪くなる上、毛穴が変形してしまいお肌が傷付きやすく、毛が埋没することもあります。

 

B処理後のケアは丁寧に

 

脱毛後は肌を冷やして毛穴を引き締め、炎症やかゆみを落ち着かせることが大切です。
また、毛穴に細菌などが入らないよう、清潔にすることも大切です。
その後、しっかり保湿して、肌を柔らかく保つことがポイントです。

 

お手軽な脱毛方法の毛抜きですが、お肌のトラブルを引き起こさないように正しく行うには以上の3つのポイントをしっかりおさえる必要があります。

 

いつまでも素肌美人でいるために、正しい毛抜き方法をマスターしておきたいですね。

 

>>キレイモの予約はこちらからできます。